梨状筋症候群による下肢痛

 梨状筋症候群は、上・下肢を走行する末梢神経が骨、筋、筋支帯などの結合組織によってスペースを占拠されたり、締め付けたりされることによって起こる末梢神経絞扼障害のひとつで、坐骨神経が骨盤内から下肢へ向かい臀部を通過する下図 際、梨状筋により圧迫・絞扼されることによって坐骨神経痛様の痛みが臀部や下肢に現れます。
 これらの痛みは一般的に座位で増悪する傾向にあります。

 発生頻度は女性に高く、梨状筋自身が先天的な変異(2つに分かれていたり、腱様になったりする)の多い筋であるため、坐骨神経の走行の変異(梨状筋を貫いていたり、梨状筋の上を通過する)を合わせると実際の診断より多くの方に起こっている可能性があると言われています。
 梨状筋症候群で見られる下肢への放散痛は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで出現する(神経)根性坐骨神経痛と非常に似ているのでそれらとの鑑別が重要です。

 梨状筋症候群の鑑別方法として梨状筋テスト下図 があります。
方法は、仰向けに寝て膝を抱きかかえ、手で内側に倒そうとするのを太ももを外にもっていく様に抵抗します。この動作で下肢に放散痛が再現されれば梨状筋症候群が疑われます。また、梨状筋を押圧することによっても痛みが再現されます。

 対処法としては梨状筋に対するトリガーポイント療法(局所麻酔の注射、虚血圧迫など)や座る姿勢・歩行の矯正、運動療法、ポジショナルリリース法* などがあります。難治性のものには稀に手術を行うこともあります。


* ポジショナルリリース法

 筋肉を他動的に一番たるんでいる状態(付着部の距離を最も近づける)で保持することによって筋の緊張を緩和する方法。
 梨状筋の場合は股関節を外転・外旋状態で保持する。

骨盤付近における坐骨神経の走行 梨状筋テスト















仙腸関節障害による腰痛

 仙腸関節下図 とは骨盤を構成する仙骨と寛骨(仙骨に接触している部分はその中でも腸骨と呼ぶ)の間の関節で関節と呼ばれる割に非常に動きの少ない関節で数mmしか動きません。(以前には不動関節であるといわれていた)
 しかしながら、歩行や体幹の動きに合わせて動く下図 その機能に障害が生じることにより腰痛、臀部痛、下肢痛など多くの症状が現れるといわれています。

 仙腸関節障害には捻挫などによる可動性亢進と加齢による関節の変性や運動不足によって起こる可動性減少があり、股関節周囲や鼠径部に痛みの出るグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)を合併することがあります。
 又、妊娠・出産時に恥骨結合が緩むことにより仙腸関節にストレスがかかり、発症する事があります。
 対処法として、急性期は患部の冷却療法を行ない、その後可動性亢進関節には骨盤ベルト等による固定が行なわれます。また、代償性の可動域亢進が疑われる場合は腰椎や股関節など周囲の関節の運動療法による機能回復が必要です。可動性減少関節には骨盤体操やストレッチを行って下さい。



仙腸関節の図
仙腸関節の動き














筋・筋膜痛症候群の関連痛など神経根障害以外の下肢痛

 腰部から下肢にかけての痛みというと根性坐骨神経痛を起こす腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症が代表的な疾患ですが、これら神経根障害による臀部・下肢痛以外に原因があるものも少なくありません。
 椎間関節症など腰椎の椎間関節障害の関連痛として臀部や大腿後面に出るものもありますが、臀部や大腿部の筋肉由来の下肢痛があることは一般に知られていません。
 臀部や大腿の筋肉の多くが骨盤に起始部を持つため、腰部や骨盤の機能障害の影響を受たこれらの筋は緊張して筋・筋膜痛症候群を起こし、その関連痛が臀部から下肢に現れます。
 筋・筋膜痛症候群によるものはトリガーポイント〈引き金点〉を押圧すると痛みが再現されたり、強くなったりします。

 対処法はトリガーポイント下図 に局所麻酔を注射したり、虚血圧迫するなどのトリガーポイント療法を行います。

大・中臀筋のトリガーポイント

小臀筋、梨状筋のトリガーポイント

大腿部の筋のトリガーポイント




腰痛ベルト、コルセット
[PR] カイロプラクティック,整体 [PR]