内臓疾患による腰痛

 腰痛は内臓疾患の病変部による周辺組織の圧迫や関連痛として現れる場合があります。
 内臓疾患起因の腰痛の特徴は安静にしていても痛むことで、姿勢や動きに影響されない痛み(婦人科系疾患や腎疾患によるものは姿勢の変化による痛みの変化があります) です。
 痛みの多くが骨格系や筋系の傷害による腰痛がよく現れる腰の付け根ではなく比較的腰の上部に現れます。
 膵臓や腎臓などの後腹壁臓器が原因のものは、背中を叩くと背部から腹部に突き抜けるような痛みが出る特徴があります。

 急性の激しい腰痛を起こす代表的な疾患として腹部大動脈瘤下図 があげられます。
 動脈瘤は動脈硬化などが原因で血管が風船のように膨らんだ状態で、腹部大動脈で起こった場合、血管壁が破れてゆく過程で腹部や腰部に激痛が現れます。腹部大動脈瘤は高血圧の方に起こりやすく、腹部に拍動性の腫瘤を触知することがあります。
 腹部大動脈瘤は破裂すると7割の方が死に至る疾患です。上記の兆候がある場合は速やかに内科を受診して下さい。

 急性腰痛が現れる疾患として他に腎結石・尿管結石、急性腎盂腎炎、急性膵炎、子宮外妊娠、子宮内膜炎、悪性腫瘍及びそれらの脊椎転移などがあります。
 慢性の鈍痛として現れるものに、肝硬変、遊走腎、嚢腫腎、前立腺疾患、子宮筋腫、卵巣嚢腫、良性腫瘍、悪性腫瘍の脊椎転移などがあります。
 また、内臓疾患ではありませんが脊椎カリエス*化膿性脊椎炎*などの脊椎炎症性疾患によっても脊椎に限局された腰痛が現れます。

 初期症状として腰痛のみが現れているものも、いずれ腹痛やその他の内臓由来の症状が出てくるので兆候を見逃さず、速やかに内科を受診して下さい。


*脊椎カリエス : 結核菌が脊椎に感染して炎症を起こし、骨を破壊する病気です。
慢性の痛みで患部をたたくと痛みが出て、特に夜間に痛む特徴があります。
*化膿性脊椎炎 : 脊椎に細菌が感染して化膿する病気でこちらも椎骨の破壊が起こります。
発熱と急性の激しい痛みが出ます。



腹部大動脈瘤の図














悪性腫瘍による腰痛

 悪性腫瘍による腰痛には悪性腫瘍の骨転移によるものや後腹膜臓器の悪性腫瘍によるもの、脊椎や脊髄の腫瘍によるものなどがあり、高齢者の腰痛の約10%がこれらによるものだと言われています。

 臓器の悪性腫瘍の約14%が骨に転移し、その多くが脊椎であると言われ、男性の場合、肺癌の24%、前立腺癌の23%、胃癌の9%が骨転移を起こし、女性の場合は乳癌の35%、子宮癌の12%、胃癌の11%が骨転移を起こすという報告があります。
 悪性腫瘍が脊椎に転移すると骨の破壊が起こり、腰痛を引き起こし、患部の椎骨を叩くと強い痛みが出ます。

 背中に近い、膵臓や腎臓などの後腹壁臓器の悪性腫瘍も腰背部に痛みを起こします。

 頻度としては他の悪性腫瘍よりは低いですが、多発性骨髄腫、骨芽細胞腫、髄膜腫、神経膠腫瘍など脊椎や脊髄原発の悪性・良性腫瘍によっても腰痛は発生します。

 悪性腫瘍による腰痛の特徴は、安静時にも痛みがあることが多いことと、特に腫瘍が増殖する夜間就寝時に痛みが出ることにより不眠状態に陥りやすいことです。

 安静時の痛みは通常の内臓疾患によるものも多いですが、高齢者でこのような特徴のある腰痛がある方は悪性腫瘍を疑い、内科を受診することをお勧めします。

















動脈閉塞性疾患による下肢痛

 動脈閉塞性疾患による下肢痛にはほとんどの場合腰痛や臀部痛は伴いません。しかしながら症状として出る間欠性跛行* が脊柱管狭窄症等で見られる神経性跛行と似通っているため腰痛の既往症のある方は腰部に原因があると思われがちです。よってその鑑別が重要となります。
 動脈閉塞性の間欠性跛行のほとんどが中、高年の方の閉塞性動脈硬化症による腸骨動脈等の足への動脈の狭窄で起こりますが、20〜40歳代の男性では閉塞性血栓血管炎(バージャー病)* が疑われます。

 痛みは上述したように歩行などの運動に伴って現れる下肢に限局した(稀に、腰部や臀部にも)痙攣様の痛みで知覚異常などの神経症状は伴わず、症状の改善に必要な要素も血液供給不足解消のための休憩のみでしゃがみこむなど腰部を屈曲する姿勢をとる必要がないという特徴があります。
 又、末梢血管の収縮を促す喫煙によって症状が悪化するという特徴もあります。

 対処法は喫煙者であればまず禁煙を行なうことで、禁煙のみで症状がずいぶん軽減する場合もあります。
 他は動脈硬化症に対する治療法に準じ、運動療法や薬物療法を行い、症状の重篤なものに関しては手術(人工血管置換術)を行ないます。



*間欠性跛行 :  歩行により足に(特にふくらはぎ)疲労感、鈍痛、強張り、痙攣などが現れ、さらに歩き続けると痛みが強くなり歩行不可能になるが、4〜5分休むと症状がとれまた歩けるようになる状態。 *閉塞性血栓血管炎 : 原因不明の四肢末梢血管の炎症に起因する閉塞性疾患で、発症・増悪には喫煙(受動喫煙も含む)が強く関与している。





腰痛ベルト、コルセット
[PR] カイロプラクティック,整体 [PR]