●骨盤の歪み
 骨盤は姿勢不良、運動不足、出産などで歪みが生じます。
 いわゆる“骨盤が開いた”と表現される状態になると以下の特徴があります。

骨盤の図

@足の付け根の骨(大腿骨大転子)が出っ張り、ピーマン型のお尻になる。
Aお尻の肉が垂れ、お尻の下にしわができる。
B腰の反りが強くなり、下腹を突き出す様な姿勢になる。
CO脚もしくはO脚気味。
D膝が内側を向き、土踏まずが少ない。(外反偏平足)

 上記の見た目の変化だけでなく、骨盤が歪むと腰痛や下半身のむくみ、冷え性などの代謝不全の症状も現れます。


骨盤体操・O脚体操
 骨盤は腰部〜骨盤及び股関節周囲の筋のコンディショニングをすることにより正しい位置で安定します。

◆股関節の可動域を
      増やす運動

骨盤体操その@股関節の回旋運動

 仰向きに寝て膝を抱きかかえ、股関節を円を描くように回旋する。(内廻し・外廻し10回ずつ)

◆骨盤周囲の筋の
 バランスを整える運動

骨盤体操そのA骨盤バランス体操1

 背筋を伸ばし、膝を揃え両膝を閉じるように力を入れ、手は膝の内側に入れて膝を広げるように力を入れる。(お互いの力を拮抗させる)
 この状態で5秒間保持し、その後脱力。
 次に膝にこぶし二つ分の隙間を開けて行う。
 その次はこぶし四つ分の隙間を開けて、足先は適度に広げて行う。

骨盤体操そのA骨盤バランス体操2

 今度は今までの逆で膝は開くように、手は閉じるように力を入れて、同じく膝を閉じた状態、こぶし二つ分隙間を開けた状態、こぶし四つ分隙間を開けた状態で5秒間保持、その後脱力を行う。

Amazon骨盤矯正グッズ

骨盤体操・O脚体操2へ  肩こり・腰痛撃退虎の巻 for Mobile TOPへ

AX